「お金を求めすぎると意地汚い・嫌われる」 をやめて先ずは・・・ 「忙しくない働き方」連載

“売れる流れ”で”豊かな成功者 育成”

コンサルタント勅使川原です。


先日から連載でお伝えしています。


「他人の時間」に縛られない組織のかたちや

働き方を考えれば「もっと効率的で

豊かな時間」を過ごすこと・・・。

を考える

 

【「忙しくない働き方」を実践する 

「働き方コンサル」って興味ありますか・・?】

http://wp.me/p4EJpp-KS


その第2弾です。。


その中でお伝えしている

「忙しい・・・忙しい」=「他人の時間」

=「会社・組織」という図式になる。

とあります。

 

そんな思いで働いている方は私が思うには

90%以上いるのではと考えています。

 

日本の労働人口の中で給与で生活している方が

約80%ですから何らかの仕事をしている

方が70%以上が「忙しい・・・忙しい」

という思いで働いていることに成りますネ。。

 

この根幹にある物は日本特有のお金に

対して考え方・・・

 

「お金を求めすぎると意地汚い・嫌われる」

など家庭教育の中でつちかわれたお金に

関しての考え方があると思います。。

 

こんな考え方の上にあぐらを組んでいるのが

日本の賃金のレベルだと思います。

 

先進国の間では日本の給与はかなり低い

・・・日本の初任給を考えれば

わかりやすい・・・。


一流と呼ばれる大学を出ても初任給が

30万円を上回る企業はほんの数パーセントです。。

 

アメリカの初任給は2015年の統計では

年収3万ドル以下が26%居る一方で

少なくとも年収5万ドルが26%在るのです。。

 

年収500万以上ですょ。。

 

これでは日本の優秀な方々が外資系に

移動するのもうなずけます。。

 

これもやはりお金も求めての結果ですね・・・。


しかしアメリカと日本の企業に「収益の差」

それだけ在るかというと・・・ありません。。

 

つまり日本の方々は「企業の保護」という

目に見えなものにそれだけ「高い保証料」

的なお金を払っていることになる・・・。


では日本の企業はそれだけの「雇用を安定的

に継続的に保護」してくれていますか・・・。


この終身雇用的な考え方はもう何十年も

前に破たんしています。。


もうお気づきですよね・・・

 


「お金を求めすぎると意地汚い・嫌われる」

をやめて先ずはお金を求めて

仕事をすることにしましょう。。

 

この思考が根幹に無いとこれから

お話が進みません。。


本日も最後までありがとうございます。

 

------------------------------

 

【事業の更なる飛躍・拡大】、【運営の方向性での見直しや修正】

などの分析から戦略化~実行の指導・伴走を得意分野としております。

この様なビジョンをお持ちでしたら、是非ご相談下さい!

【経営や事業】での【お悩みやご相談】も随時受け付けております。

詳しくは下記HPよりご覧になれます。

 

HP:http://faro-cc.com

ご相談・ご紹介お待ちしております!

——————————————————————–


FARO consulting   勅使川原 忠  tadashi teshigawara

HP:http://faro-cc.com  e-mail: info@faro-cc.com

 

———————————————————

 

読者登録してね

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です