「ドタキャン」の対処法 

”顧客が増える売り方“で”豊かな経営者“

育成 コンサルタント 勅使川原です。
ここ数日困っていることが在ります。。

詳しくは編集後記で・・・。
コンサルタントの料金はどのように

決めるかご存知ですか・・・?

 

一般的には拘束時間で決めていきます。

つまり・・・時間単位がいくらかで決める

・・・時給です。。
コンサルタントに依りますが、

私のコンサルタント料は対面時間

決めていきます。
この案件ならこれくらいの

拘束時間=面談時間でゴールに導けるなっと

考えて拘束時間と期間をクライアントと

相談の上全体の料金を決めていきます。
私の場合は年間契約の案件がほとんどなので

「月当たりの拘束時間=面談時間」×12か月

で「年間のコンサルタント総額」を算出して

どのように支払いを行うかを相談して

決まて行きます。
「年間のコンサルタント総額」にもよりますが

電話やメールでの質問や相談は無制限です。
なぜこのような料金設定をするのか・・・?
コンサルタントは「マンツーマン」が

基本ですからクライアントの席数もおのずと

決まってきます。

 

私のクライアントの席数は10社です。

 

例えば月間8時間×10社=80時間の

面談時間になります。。

 

この時間に準備に係る時間と情報収集、

移動時間を考えるとこの10社が経験上

私にはぴったりでした。。

 

これが料金設定を考える基準です。
クライアントの皆さま

今後ともよろしくお願いいたします。
=======編集後記========

この料金設定で弱点が「ドタキャン」・・・

これには困ります。。

 

 

クライアントの事業でどうしても

外せない物事・・・おきますよね・・・。
ではどのように対処をするか・・・。

が・・・

本日のブログです(笑)
「ドタキャン」も拘束時間です。。

 

料金は発生します・・・リスケでは無く

 

電話やメールでの質問や相談でホローをしてください。
本日も最後までありがとうございます。

 

------------------------------

 

【事業の更なる飛躍・拡大】、【運営の方向性での見直しや修正】

などの分析から戦略化~実行の指導・伴走を得意分野としております。

この様なビジョンをお持ちでしたら、是非ご相談下さい!

【経営や事業】での【お悩みやご相談】も随時受け付けております。

詳しくは下記HPよりご覧になれます。

 

HP:http://faro-cc.com

ご相談・ご紹介お待ちしております!

——————————————————————–
FARO consulting   勅使川原 忠  tadashi teshigawara

HP:http://faro-cc.com  e-mail: info@faro-cc.com

 

———————————————————

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です