「社長の質問」 最短で売上を達成する方法とは・・・【逆算】!!

ファロ  コンサルティング 勅使川原 忠です。

お盆も過ぎ今週からお仕事の経営者の方も多いかと・・・。

この時期から経営者が考えることは今年の事業の着地はどうなるかな

・・・多かれ少なかれこんな考えを持ちながら

休暇明けに挑んだ経営者がほとんどだったのでは・・・。

そんな考えにピッタリで今からでも今年が

「来年に希望が抱けるような年にする方法」

今回は特別にお教えしょうと思います。

この方法は私のコンサルティングの中で

売上が伸びないや伸ばせない」などの相談を受けた際に

伝える手法で意外に即効性も在ったりするので

お試しに成っては如何でしょうか?

題して本日の「社長の質問」は最短で売上を達成する方法とは・・・【逆算】!!

業種・業態を問わず、すべての営利企業にとって、

どのような状況下でも着実に売り上げを挙げ続けることが存続の必須条件となります。

そのためには効率的な営業活動が不可欠だが、

具体的には何を心掛けるべきなのでしょうか。

答えは【逆算】です。

例えば、目標が『今期予算必達』なら

「予算はいくらなのか→その達成のために、いくつの営業案件が必要なのか

→それだけの案件を確保するには、どんな販促策を実施し、どの顧客に優先的にアプローチすべきなのか

→アプローチは1カ月/1週間/1日当たり何件こなすべきか」

 

といった具合に、目標予算から【逆算】して日々の活動にまで

ブレークダウンしていくべきだと思います。

 「目標から考えれば、誰が、いつまでに、

何をすべきかという【行動計画】が自ずと明確になって来ます。

そのシナリオを基に、どの顧客を、いつまでに受注につなげればよいのか、

其々のスタッフが自分の活動のストーリーを描くように

日々のスケジュールを立てる。

そうすれば必ず効率的な活動ができると考えるからです。

これは予算を作ると同時に総員の行動計画までを予定化して

現状の事業資源で達成可能かどうかをシュミレーションして

どんな資源がどれ位不足しているかを

明確化して不足を供給すること(マネージメントすること)

で達成の確率を高めることが出来ると考えるからです。

又、こうも伝えています。

すべてゴールから逆算して考える。

市場の状況に応じて、目標への到達手段が変わることはあっても、

目標を基準に考える軸さえブレなければ必ずゴールに近付ける。

強い組織とは、予算達成のために、誰が、いつまでに、何をすべきかという

【行動計画】を理詰めで導き出し、

それを着実に実行できる組織だと考えます。

如何ですか・・・絵に描いた餅のような予算を作っただけで

納得している社長さんって結構いらっしゃいます。

それでも数十年経営出来ている方などは

この方法を使えば驚くほどの業績がうまれた実績も数多く在りました。

本当に驚くほどの・・・!

詳しくお知りになりたい方はお問い合わせ下さい。。

本日も最後までありがとう・・・。。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン【社長の参考書】をご登録いただいた方

先着500名様までの限定、登録特典と致しまして

“成功者した経営者が「絶対にやらない!」今すぐに見習うべき20の習慣。”

をプレゼント中です。

こに機会に是非ご登録を!!

ブログでは書けない・・・!?

【社長の参考書】メルマガ編

『現状維持では・・・何時かではなく・・・必ず潰れます!

その理由とは・・・!!

『上場企業20社・延べ1000人以上のコンサルティング』

を実施したコンサルタントが

メルマガを読むだけで・・・あなたのビジネス・パートナーに・・・

【社長の参考書】の登録は ⇒ 今直ぐ ⇒ コチラ   

===============================

FARO consulting   勅使川原 忠  tadashi teshigawara 

HP:http://faro-cc.com  e-mail: info@faro-cc.com

================================

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です