【お店が儲かる仕組み】作りを 更に深掘りしてあなたの物にして行きます。「基本編」

“売りたい”30人以下の経営者に

それぞれの売上(経営)の状態に合わせて

7つの手法で的確に速やかにゴールへと導く

ファロコンサルティング・ブログ。。


今回もあなたを「売れる経営者」にしていきます。

 

読んだら実行してくださいね。

 

あなたの事業がその日から変わります。。

 

前回までは・・・


===================


「あなたが稼げない理由」の【解決法】3回目・・・

他店と差別化をするのではなく独自化をする。


http://wp.me/p4EJpp-Nn


===================

 

今回は以前お伝えした【お店が儲かる仕組み】作りを

更に深掘りしていきますね。。


実は、今日からお話ししていくことは、

基本的なことなので、知っている方も多いと思います。


知っていることを、実際に活用できている人は少ないんですね。

大事なことは「知っていること」ではなく、

知っている知識を実際に活用することなんです。

 

ぜひ、知っている人ではなく、

活用できている人になってくださいね。

 

私がこれまでお会いしてきた経営者で、

知識だけの方と実際に活用している方とでは

大きな売上の差がありました。

 

あなたのの売上ができる内容をひも解くと・・・


売上は


(1)来店したお客さんが、

 

2)買い物をすることで、

 

売上として計上されます。

 

つまり、これは・・・


◆商品やサービスを利用したお客さんの総数(客数)

 

◆1人当たりの利用額(客単価)

 

となります。


「客数」と「客単価」を掛け合わせると、

 

「売上」になるんですね。


【売上高の公式】


客数×客単価=売上

 

ですね。

 


この数式は当たり前すぎるほど、

知っている方が大半です。

 

でも、これを実際に活かしているかが大事なんですね。

 

つまり、この売上を増やすためには、

 

(1)客数を増やす

 

(2)客単価を伸ばす、

 

この2つの対策をすればいい訳なんですね。


しかしこの2つを実現するための基本的な具体策を

知らない方がほとんでです。

 

つまり、知ってはいても、使えてない方が多いのです。

 

売上の公式って、シンプルで、多くの本に書いてあります。

 

でも、シンプルすぎて、

 

殆どの社長が実際の場面での改善対策に使いこなせていません。

 

『あなたのお店の売上の構造は、どうなっていますか?』って、

 

聞いたりすると、答えられない方も多いです。

 

現状の数字が分かってないと、お店の改善ポイントも明確になりま

せん。

 

今回はあなたの事業がどのような構成で成立しているのか・・・

内訳を書き出してください。

 

ちなみに、同じ月商600万円の売上高でも、

 

お店によって内訳は変わるんですよ。

 

例えば・・・

 

牛丼店の内訳は、

 

月商600万円=客数12000人×客単価500円です。


宝石店の内訳は

 

月商600万円=客数20人×客単価30万円 です。


ご自分の事業の内訳を先ずは再認識してください。。


ここからあなたの事業が変わって行きます。


次回は現状より如何に売り上げを上げるか・・・をお送りします。


本日も最後までありがとうございます。

 

 

------------------------------

 

【事業の更なる飛躍・拡大】、【運営の方向性での見直しや修正】

などの分析から戦略化~実行の指導・伴走を得意分野としております。

この様なビジョンをお持ちでしたら、是非ご相談下さい!

【経営や事業】での【お悩みやご相談】も随時受け付けております。

詳しくは下記HPよりご覧になれます。

 

HP:http://faro-cc.com

ご相談・ご紹介お待ちしております!

——————————————————————–


FARO consulting   勅使川原 忠  tadashi teshigawara

HP:http://faro-cc.com  e-mail: info@faro-cc.com

 

———————————————————

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です