【お金の“超・常識”学部】は・・・「あなたの商品やサービス」が【必ず売れる】ところは・・・。

ファロコンサルティング 勅使川原です。


暦の上では春に成りました。 東京まさしく「三寒四温」まだまだ冷え込みますが・・・。


昨日は「顧客のニーズ」でビジネスでの戦い方が変化するとお伝えしました。

 

昨日は日本人の日常にある「礼儀・間合いの取り方・いなし方」などの

「行儀や作法」が海外への輸出で「教育ビジネス」に変化する・・・をお伝えしました。


まだお読みでない方はこちらからご覧になれます。

----------------------------------

【卒業していく友人から教育ビジネスを学びました。。】

http://wp.me/p4EJpp-F5

----------------------------------


そこで本日の【お金の“超・常識”学部】は・・・

なぜ「顧客のニーズ」で戦い方が変化するのかをお伝えします。。


突然ですが「モスバーガーの競合」は誰ですか・・・?


あなたが思い付いたのはロッテやマクドナルドなどの

「同業種」ではないでしょうか・・・?


しかし・・・「コーヒーを飲んで休憩」というニーズを満たして

モスバーガーに行く場合の「競合」はスターバックスやタリーズコーヒー

などのカフェでしょう・・・。


また「仕事の合間にランチを取りに行く」というニーズを満たしに行く場合の

モスバーガーの「競合」はファミレスやラーメン店などオフィースの近くで

ランチを提供している飲食店でしょう。


このように「顧客のニーズ」によって競合が変わります。。


お客様は「自分のニーズ」を満たす為に商品や、サービスを買います。


大切なのは「自分のニーズ(お客様のニーズ)」であって売り手の業種や業態ではありません。。

 


「顧客の求めるニーズ」を提供している商品やサービスは業種や業態に関係なく

「競合」になるのです。


あなたが商品やサービスを提供しているのなら・・・


あなたの商品やサービスを提供する「マーケット」は

「あなたと「競合」」から構成されていきます。。


「競合」はさきほどのモスバーガーの例の通り「顧客の求めるニーズ」

によって変わりますかからあなたの商品を提供する「マーケット」は

「顧客の求めるニーズ」になります。


あなたの商品やサービスを買ってもらうには【「競合」より選ばれる】ということですよね。。


この「顧客の求めるニーズ」の「マーケット」でいかに「競合」より

「あなたの商品やサービス」を選んでもらうか・・・ここを考えるわけです。


「コーヒーを飲んで休憩」という「顧客の求めるニーズ」の時には

スターバックスやタリーズコーヒーよりもモスバーガーをえらぶ理由は何か・・・。


「仕事の合間にランチを取りに行く」という「顧客の求めるニーズ」の時には

ファミレスやラーメン店などオフィースの近くでランチを提供している飲食店

よりもモスバーガーをえらぶ理由は何か・・・。


を考えていくと言うことです

私が思うモスバーガーをえらぶ理由は・・・


「コーヒーを飲んで休憩」の場合は「たっぷりのコーヒーを手頃な価格」

で提供しているになります。


「仕事の合間にランチを取りに行く」の場合は

「食材の生産地が明確」で安心して食べることが出来る。


になります。


「あなたの商品やサービス」を「顧客の求めるニーズ」に当てはめた時に

【「競合」より選ばれる】理由が「あなたの商品やサービス」

を「顧客に買って頂く理由」に成りあなたが「顧客にアピールをするポイント」

になります。。


私が提供しているコンサルティングはこのように「顧客視点」で展開して

【売れない時代に如何に売るか】をご一緒に考えて居ます。

 

カウンセリングのお申し込みはこちらです。

================

 

FARO consulting 経営、事業 戦略カウンセリング 

お申し込み ・・・ http://wp.me/P4EJpp-zc


================


本日も最後まで有難う御座います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です