スポーツインストラクターは国庫負担を減らせる・・・

株式会社 ファロ  コンサルタント&コーチ  

 

ビジネス・モデル プロデューサーの 勅使川原 忠です。

 

最近は穏やかな気候がチラホラとですが、

もう東京でも花粉が飛び始めています。

私も花粉症なのでもうそろそろ

薬の用意が必要かなっと思います。。

また憂鬱な季節の到来です。。

 

先日友人3人で食事をする機会が在り

インターネット系で集客するビジネスに

関して面白い話を色々聞かせて頂きました。

 その中でスポーツ系のインストラクターの話になり、

健康系のインストラクターを強化すれば

健康保険料の減額=国庫からの補填の減額=国家予算の減額に

繋がるかなっとの話に、

 

この話を簡略化すると

法人向け健康維持や改善の為の助成金や補助金を

国が出せば健康保険料の支出が減額される

からこれは新たなビジネスに・・・なんて話をしておりました。

 

そこで少し調べてみたのですが

・・・シニア向けの健康維持や改善の為の助成金や補助金は

沢山ありますが、

現役世代向けの健康維持や改善の為の助成金や補助金

・・・直接的には見当たらない。。

 

この事に関連してコンサルタントとしても

「ウォーキング」に関わりのある法人様から

ブランディングとキャッシュポイントの設立

・・・などの相談を頂いていたのでその資料を紐解きました。。

老人医療費の増加は右肩上がりで

増加しているのは皆さんもご存知の通りで

この右肩上がりの傾斜を少しでも和らげるべく、

シニア向けの健康促進のイベントなどが国、地方自治双方で

繰り広げられています、ここに「ウォーキング」を取り入れて

ブランディングをするべく画策しているのですが、

これはこれでビジネスとしてはシニア世代の余暇を楽しむ

には良い企画で健康改善も期待は出来ますが

・・・根本的な改善にはなり得ないなっと・・・

 

やはり現役世代向け・法人向け健康維持や改善の
カリキュラムを策定してそれを
集団で行うのではなく個別で
受けることが出来るシステムを作って行う・・・

 

これは「事業のタネ」に成り得るなっと考え着きました。。

あの事業体の方式を

この事業に当てはめれば、

安価で質の良いコンテンツが

配信できるかも・・・

 

完成したら又お知らせします。。

 

本日も最後までありがとう・・・。。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ほぼ日刊】『事業開発コンサルタント歴20年』『上場企業20社・1000人以上のコンサルティング』

を実施したコンサルタントのプロがあなたのビジネスモデルを構築する

《仕組み》や《やり方》を伝える 起業・事業ノウハウ養成講座 【Faro通信】を配信中です。

【Faro通信】の登録は ⇒ 今直ぐ ⇒ コチラ  

================================

FARO consultantcoaching  勅使川原 忠  tadashi teshigawara 

HP:http://faro-cc.com  e-mail: info@faro-cc.com

================================

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です