久しぶり、対面で課題支援交流会へ

コロナが日常を変えて久しい夏の終盤、熱帯気候とも間違うほどのスコールにヤられて、

煽られながら行政後援、銀行主催の課題支援交流会に参加した。

昨年の同じ時期なら6回くらい・・・は参加していたが、いかんせんコロナが行く手を遮り

行政機関も当たり前な及び腰で色々変えたこともあって昨日が参加となった。

この交流会への参加は日本の根幹である大手資本の傘を被らない中小企業の経営者に出会うべく昨年から参加している。

目的は中小企業の生産性を上げ収益の向上するため、マーケット感覚で経営戦略を構築して頂き儲けていただくことである。

偉そうに言えば・・・中小企業の自立を促しているに・・・なる。

昨日のご相談は有機物質系の製造企業がEC販売でD2Cを行いたい。

ひと目で解る60歳の後半にさしかかるように見える社長の真面目さ、情熱、事業を楽しんでいる感覚。

傍らには40歳を手前にした次期社長が真剣な眼差しで私の言葉を聞き逃さまいとメモをとる。

私は出来るだけ解りやすく話そうとするがどうしても使い慣れた横文字たアルファベットの4文字単語で

話しては解釈を入れるので言葉数が多くなる。。(笑)

私からの話の論点は2つ

・ECの立ち上げは販売チャンネルの増設で手段であり目的ではないこと。

・BtoCに対しての戦略を構築してから戦術であるECチャンネルを作らないとまったく売れない。

を話してきた。

言葉はカナリ足りなかったが久しぶりの対面のライブ感は意思の伝達空気感共に互いを理解するには必要なんだなっと感じた。。

オンラインでは読み取れる情報が少ないな。。

ご両人を支援するか否か・・・。。

 

無料 コンサルティング 解説 セッション(説明会)

困ったな・どうすれば・解決が可能か?
契約をした後の進め方や経営戦略から経営計画書・方針書への活用方法など、下打ち合わせが必要な場合、にご利用ください。
※、具体的な支援・アドバイスは致しませんのでご了承ください。
ご相談は電話、LINE、Messenger・ChatWork・Zoomなどで
お願いしています。
※、事前のお問い合わせ後、ご相談の日時を決定後上記のID、番号などをお知らせいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です