社内の「情報共有」とは経営戦略です。

“売れる流れ”で”豊かな成功者”

育成コンサルタント勅使川原です。


「情報共有」これが出来ていないと

致命傷に成ります。。


あなたのビジネスは「情報共有」出来て

いますか・・・?


あなたが経営者や管理職なら「情報共有」

の仕組みが破たんしていると・・・

目に見える・見えないを含めるとかなりの

損出が出ています。


「情報共有」について質問を戴いたので

簡潔ですが回答をしていきますので、

Tさん実行してみてください。。

 


先日もクライアント先の事業会社で

こんなことがありました。。

 

その事業会社の営業部全体の事業戦略を

考察していて、各課に落とし込んだ

課ごとの戦略の進捗をウォツチしています。

 

其々のターゲットが別なので事業戦略も

別なのですが、商品は重複しているので

現状やトレンドなど相互の「情報共有」を

する事で会社としてのシナジー効果が

期待できる。。


のですが・・・これがそれぞれの評価や

予算を考えるとついつい情報を

抱かえてしまう・・・。


「情報共有」を行うツールに関しては

ChatWorkなどのクラウド会議ツール

使用すれば比較的簡単に情報交換を

行うことが出来ますが・・・。

 

情報を基にした実績の評価基準などの

事業評価引いて報酬の評価方法を

構築することで「情報共有」を活発にして

業績を上げていく・・・。


つまり情報共有」経営戦略で

変えていく必要がある・・・が回答です。。


Tさん如何でしょうか・・・?


本日も最後までありがとうございます。

 

 

------------------------------

 

【事業の更なる飛躍・拡大】、【運営の方向性での見直しや修正】

などの分析から戦略化~実行の指導・伴走を得意分野としております。

この様なビジョンをお持ちでしたら、是非ご相談下さい!

【経営や事業】での【お悩みやご相談】も随時受け付けております。

詳しくは下記HPよりご覧になれます。

 

HP:http://faro-cc.com

ご相談・ご紹介お待ちしております!

——————————————————————–


FARO consulting   勅使川原 忠  tadashi teshigawara

HP:http://faro-cc.com  e-mail: info@faro-cc.com

 

———————————————————

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です