経営者視点の商品開発 

・お客様と商品の方向性を定めることからはじまります。

あなたの会社の商品・サービスを選んでもらうための第一歩は、

一段高い目線に立って、そもそも当社は「どのようなお客様」の、「どのような喜び」を

「どのような強みによって」追求するのかという商品開発の方向性を定めることです。

ここで強調しておきたいのは、この3つがセットになっていることがポイントだということです。

すなわち、マーケットインかプロダクトアウトかといった二元論ではなく、

自社がアプローチすべき市場と、本質を捕える両者を同時に考えておく必要があるということなのです。

なおかつ、上記の方向性について、社内のコンセンサスが得られていることもポイントになります。

その点が曖昧であるがゆえに・・・

営業部門・・・

市場の中でも「誰」について知るべきなのかがわからない・・・

・目の前のお客様や

・お客様の代弁者(流通業者)の意見に振り回されてしまいます。

商品開発部門・・・

・どのような強みに磨きをかけるべきかがはっきりしない・・・

・「独りよがり」といわれかねない商品開発に没頭することになるのです。

「どのようなお客様」の、「どのような喜び」を「どのような強みによって」追求するのか、

このことについて「考える」のは、営業部門であっても、商品開発部門であっても構いません。

 

しかし、「決める」のは、経営者、あるいは事業の責任者であるべきです。

ここが経営において、もっとも重要な意思決定の一つだからです。

経営者や事業責任者の方は「うちの商品開発部門は市場を知らない」

「うちの営業が作れという商品は、よその二番煎じばかりだ」とぼやく前に・・・

 

当社は今後、「どのようなお客様」の「どのような喜び」を、「どのような強みによって」

満たそうとしているのかが定められているか、

それが正しく社内に伝えられているかの方向性を見直す必要があると考えます。

 

「コンサルティング・パッケージ」内容のご紹介。

Step 1、 現状の掌握 「カスタマー・市場・商品・ビジョン」

お客様の現状の事業状態を明らかにして行きます。

・現在の顧客は誰か

・どの市場で(に)販売しているのか

・どんな商品かを明らかにして

至近のビジョン(お客様の成りたい姿)と現在の比較からギャップを取集します。

お問い合わせ
まずはお気軽のお問い合わせください。
納品・ご入金
納品いたしましたらご入金よろしくお願いいたします。

 

お問い合わせ
まずはお気軽のお問い合わせください。
納品・ご入金
納品いたしましたらご入金よろしくお願いいたします。