【顧客の価値観を読む=顧客の心を読む事】=【自社の強み】で勝ち抜けます!

ファロコンサルティング 勅使川原です。

 
 
昨夜は浅草鷲神社の酉の市 二の酉でした。
 
 
残念ながら夜が深まる頃には雨が降り出し約3000店はあろうかの屋台も
そそくさと値引きをして在庫をなくして閉店の準備に取り掛かる屋台が大勢でした。
 
 
今年は三の酉まで開催されるので次回に掛けるのでしょうか・・・?
 
 
さて先日お届けした
 
 
情報が多様化した現在は「顧客の価値観を読む」=「顧客の心を読む」戦略で勝つ!!
 
 
が皆様からの大いなる反響を頂きましたので、
もう少し深掘りをして行きたいと思います。
 
 
まだご覧に成ってない方はこちらから ・・・ http://wp.me/p4EJpp-As
 
 
アメブロはこちらから ・・・ http://ameblo.jp/faro-cc/entry-12096485184.html
 
 
前回お伝えした、「顧客のニーズでライバルが決まり、ライバルが決まると
マーケットを特定することができます。」
 
 
に続いて、ではどうやってライバルと戦うのかをお伝えして行きます。
 
 
皆さんはライバルとどんな戦い方で勝ち抜こうと考えますか・・・?
 
 
前回も説明した牛丼の吉野家さんを例に話を進めましょう。
 
 
「早く食事ができる」に該当するライバルは
「立ち食いそば屋さん、スタンド形式のカレー屋さん」やケバブ屋さんなんかでしたね。
 
 
このライバルたちに吉野家さんは何を使って戦えば勝てるのでしょうか・・・?
 
 
価格でしょうか、サービスでしょうか、利便性でしょうか・・?
 
 
実はこれを決めるのも前回同様に【顧客の価値観】になります。。
 
 
早く食事がしたい顧客が「早く食事はしたいけど少々高額でも美味しいものを食べたい」となれば、ライバルの立ち食いそば屋さん、スタンド形式のカレー屋さん、ケバブ屋さんよりは少々高額には成りますが「牛すきやき定食」
で戦う訳です。
 
 
もしも吉野家さんが牛丼のみのメニュー展開でしたらライバルの立ち食いそば屋のえび天そばや、スタンド形式のカレー屋さんのカツカレーに勝てない可能性が大きいと思います。
 
 
この様に【顧客の価値観を読む=顧客の心を読む事】から生まれた
メニュー構成でライバルたちと戦うことが可能になるのです。
これが吉野家さんの【強み】になります。
 
 
つまり、【顧客の価値観を読む=顧客の心を読む事】=【自社の強み】にも成るわけです。
 
 
【顧客の価値観】を軸にして【ライバル】と【マーケット】を特定して
【自社の強み】を見つけて(作って)戦い勝利する事で
売上げを上げて利益を得て事業を継続することが出来るのです。
 
 
私のコンサルティングはクライアント其々の【ライバル】と【マーケット】を特定して【自社の強み】を見つけて(作って)戦い勝利する事で売上げを上げ
利益を得て事業を継続することを目的として従事させて頂いております。
 
 
経営、事業カウンセリングのお申し込みはこちらから ・・・ http://wp.me/P4EJpp-zc
 
 
本日も最後まで有難う御座います。

——————————————————-

【起業計画 無料メールセミナー】

独立・起業の方向性を定め、効果的に集客する方法を12ステップで解説。メール、
各種資料を無料で手に入れることができます。

無料メールセミナーはコチラから ⇒ http://wp.me/P4EJpp-rS
——————————————————–
【会社のお金 悩み 解決法 】
・・・ブログには書けないから・・・メルマガで!
~戦略・経営コンサルがそっと教える簡単・確実ビジネス・レッスン~

無料メールマガジンはコチラから ⇒ http://mail.os7.biz/m/tT5i

——————————————————–
・訪問して行う個別コンサルティング
・バーチャル 顧問サービスのご案内・ご質問はこちらをご覧下さい。

http://wp.me/P4EJpp-o9

・上記以外のコンサルティング案件などのご案内はこちらをご覧下い

http://wp.me/P4EJpp-8R

・研修・セミナーはなどのご案内はこちらをご覧下さい。

http://wp.me/P4EJpp-X

———————————————————-

FARO consulting   勅使川原 忠  tadashi teshigawara

HP:http://faro-cc.com  e-mail: info@faro-cc.com

———————————————————-

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です