お金をの社内に 残していく事で会社の体力を取り戻して行くにはこの打ち手です!!

ファロコンサルティング 勅使川原です。


先週の週末は友人が開催するコミニュティで

金融関連のセミナーで日本経済の現状や

世界における日本の銀行のポジショニングや

海外の銀行の現状などを解説してただき

安全な預金の蓄財法や有利な利率での

運用法などをお聞きしました。


そのお話は後半で・・・


先日からお届けしている「事業再生」

についてご質問からの補足説明

本日はお使いして行きます。


前回までは・・・


===================

10年以上会社を継続するには

「小さな会社」では無く「大きな会社」を

おすすめします。

http://wp.me/p4EJpp-Hz


事業回復には「シンプルな経営」を

オススメします!

http://wp.me/p4EJpp-HC


V字回復は「延命処置」が決めて!!

http://wp.me/p4EJpp-HF

 

===================


質問を頂いたのは金融機関に運転資金を

ある程度依存しながら経営をされてる

経営者の方から・・・


【銀行に働きかけて「融資依頼・借り換え・

借り増し・借入期間延長」などを

行って行くことで「延命処置」を

行っていくのが一般的です。】

 

とありますが・・・

 

【具体的に銀行との

お付き合いを考えた上でどのような方法が

一番良いとお考えですか・・・?】

 

そのお答えです、詳細になりますが・・・。

 


同一銀行に繰り返し何回も借りれ

されているのが一般的だと思いいます。

 

在るときは「銀行から直接に借り入れ」て

在るときは「行政の保証を付けての借入」

など・・・。

 

先ずはこれを「一本化」して月々の

返済額を減額してお金をの社内に

残していく事で会社の体力を取り戻していきます。


借入の一本化をお願いするには・・・。


銀行への現状説明を持ちかけて

「緊急性や直近の経営予測」などを含めて

話せば考えに応じてくれます。

 

そして銀行側からの具体的な解決方法を

提案してくれることも意外と多いのです。。


銀行も未返済では困るので

立て直しに協力して頂けます。。


====編集後記===========


先日の金融セミナーで貯蓄する際に

「日本のデホルト・・・

金融閉鎖や国家税制破綻・・・」する

可能性に対応するために海外預金などで

分散することをオススメされました。。

 

特にオススメされたのが・・・

HSBC 香港上海銀行です。。

 

詳しくはご相談頂ければ先の方を

ご紹介致しますょ。。


本日も最後まで有難う御座います。

 

——————————————————–

 

・訪問して行う個別コンサルティング

・バーチャル 顧問サービスのご案内・ご質問はこちらをご覧下さい。

http://wp.me/P4EJpp-o9

・上記以外のコンサルティング案件などのご案内はこちらをご覧下い

http://wp.me/P4EJpp-8R

・研修・セミナーはなどのご案内はこちらをご覧下さい。

http://wp.me/P4EJpp-X

———————————————————-

FARO consulting   勅使川原 忠  tadashi teshigawara

HP:http://faro-cc.com  e-mail: info@faro-cc.com

 

———————————————————

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です